有酸素運動と無酸素運動、それぞれのメリットとデメリット

有酸素運動

有酸素運動と無酸素運動、どちらがダイエットにいいの?

有酸素運動と無酸素運動はどちらもダイエットには必要な運動ですが
それぞれメリットとデメリットがあります。

ダイエットにはウォーキングや水泳など有酸素運動が効果的と言われることもありますが
長い目でみた時に太りにくい身体を作るためには筋トレなどの無酸素運動も必要になります。

有酸素運動のメリットとデメリット

有酸素運動は、ウォーキングなど体内の糖質と脂肪が酸素と共に燃えて、痩せるためには大切なことです。
心拍数が高くなって脂肪燃焼するため脂肪が減って痩せることに繋がります。

デメリットは脂肪燃焼などは運動中のみで
燃焼されるまでに時間がかかることや、継続的な運動が必要、長い時間運動するため時間の効率は悪くなる、残したい筋肉が落ちてしまう可能性があるなどが考えられます。

無酸素運動のメリットとデメリット

一方、無酸素運動にもメリットやデメリットがあり
メリットには筋肉量を増やして基礎代謝を高めることが可能で、脂肪がつきにくい身体を作ることができることです。

筋トレなどをすることで脳から成長ホルモンが分泌されて、その成長ホルモンの作用によって体脂肪を燃やすため代謝が高くなって筋肉がつきます。

デメリットには有酸素と異なり、脂肪を消費することは難しく、無酸素だけでは体脂肪を減らすのは時間がかかってしまいます。

ダイエットはただ痩せればいいわけではない

ダイエットをするなら食事管理だけではなく健康的に痩せるためには運動も必要です。

気軽に始められるウォーキングや水泳、サイクリングなどは有酸素の運動で脂肪燃焼には欠かせないことですが
この運動だけでは筋肉がないと代謝は悪くなり、筋トレで無酸素の運動だけをやるのは体脂肪を減らすのに時間がかかるため、効率よく痩せるためには両方行うようにしましょう。

有酸素運動と無酸素運動の順番はある?

有酸素運動と無酸素運動の順番は
まず無酸素運動である筋トレを行って適切な負荷をかけ、その後に軽めのウォーキングなどを有酸素の運動を行うと良いです。

脂肪燃焼をしたいがために息が上がるほど運動してしまうと無酸素状態となるので、脂肪が燃えにくくなるので注意します。

脂肪燃焼率を高めるには、ややきついと感じる中強度の運動です。

10分程度続けると汗ばむ程度の強度が目安となり、トレーニング後に10分程度のウォーキングで効果は十分に得られます。

ダイエットをする場合は有酸素運動をメインに行うようにしましょう。

筋トレをしながら有酸素運動を中心に行うことで、痩せるために必要なエネルギー消費量を確保することが可能になります。

無酸素運動は身体への負担も大きくなるため、運動を始める時には適切な種目や負荷を考えて行うことが大切で
筋トレは無理のない強度で行い、継続することで習慣にすると良いでしょう。