ギュギュレギンスは産後いつから履いてもOK?産後の下半身太り対策

ギュギュレギンス

ギュギュレギンスとは?

ギュギュレギンスは履くだけで
ボディメイク・姿勢改善・骨盤矯正・美尻・美腰、スタイルアップが実現できます。

履くだけで身体を温めてくれるため冷え性改善にも期待できます。

きめ細かいメッシュで軽く薄い、通気性も良く睡眠時や運動時にも蒸れずに快適に過ごせます。

胸下から足首まで下半身全体を引き締めるため、下半身のむくみケアや脚の引き締め効果も期待できます。

下半身太り対策としても効果が期待できるアイテムです。

産後にギュギュレギンスを履いてもいい?

骨盤サポートにもなるギュギュレギンスを産後に履くのはどうなのでしょうか。

崩れた体型を早く戻すために産後直後から履くのはやめましょう。

出産直後は
体調が不安定、妊娠・出産による疲労を回復することが先決です。

出産直後に内蔵周りを締め付けてしまうと
弱った内臓を圧迫し、内臓の位置が下がり体調を崩す原因になります。

体調が回復し落ち着いてくるのが産後1か月経ってから。

ギュギュレギンスは
確かに加圧は強力ですが普段使いの着圧レギンスです。

産後専用のガードルと比べると
骨盤の開きやゆるみを回復する力は弱いでしょう。

産後3か月までは産後専用ガードルを使い
骨盤を回復させた後ギュギュレギンスを使うようにしましょう。

ガードルが苦手な方にギュギュレギンス

ガードルが苦手だと方には
ガードル代わりにギュギュレギンスを履くのがお勧めです。

産後に履くことで出産による骨盤の歪みをケアできます。

骨盤の歪みを矯正するためにできるだけ長時間履くと良いです。

朝起きてから夜お風呂に入るまで履き続けると体型が戻りやすいですが、苦しい、辛い場合は無理せずに脱いで下さい。

夜の間は履かずに昼間に履きましょう。
無理は禁物です。

体型が回復するまでに半年くらいかかります。

その期間はできるだけ履き続けましょう。

1年間履き続ければ、出産による骨盤の歪みや開きも落ち着いてきます。

さらに出産による骨盤ケアとしてだけでなく、それ以降もスタイルアップとして使うことができます。

腰痛対策にもなるため購入しても損はありません。

ギュギュレギンスだけでなく、ギュギュギュもOK

ギュギュレギンスだけでなくギュギュショーツのギュギュギュもあります。

ギュギュギュはショーツタイプのガードル。

アウターに響かずどんな服装の時にも履けるのが強みです。

下着をつけずに素肌につけることもできますが、ショーツの上から履くのを勧めています。

出産の後はホルモンバランスが影響で体調が変化しやすく肌も敏感になりがち。

素材が肌に合わずかぶれやかゆみなどの、肌トラブルが出ないよう直接履くのは避けて下さい。

レギンスではなくショーツですが
同じように出産による骨盤の歪みを改善し、腰痛対策・冷え性、スタイルアップ効果に期待できます。

出産直後に履けないのはレギンスと同じ。

まずは体調を整えることに専念し、それから体型を戻すことを考えましょう。

購入しようと思っても売り切れてしまうことがあります。

出産直後は忙しいので、慌てて購入することになると手に入らないかもしれません。

出産した後のことも考え出産前から購入して準備しておきましょう。